XIGNCODE3 エンドユーザー使用許諾契約 (EULA)

XIGNCODE3 EULAは一般的にゲームEULAに含まれます。 以下の内容はソフトウェアサービス会社に勧奨される標準テンプレートです。

利用約款

ソフトウェアサービス会社は㈱ウェルビアドットコム(以下、「会社」といいます。)のXIGNCODE3製品のセキュリティサービスを使用しています。 サービスを受けるソフトウェア(例:ゲームまたはApp)には基本的にXIGNCODE3モジュールが適用されており、 お客様がソフトウェアを実行するごとに、XIGNCODE3がシステム(例:PCまたはスマートデバイス)上、 最新バージョンが自動で設置されます。お客様がシステムを利用してソフトウェアを使用する際、 XIGNCODE3は不法行為の使用を監視、探知、防止を目的として、システムを監視します。 XIGNCODE3は不法行為防止の目的で、不法行為関連情報(例:データ)を保管します。 該当ソフトウェアの使用時に、お客様はXIGNCODE3の不法行為防止目的のデータ収集、保管、共有、または公表を承認したものとみなされます。  しかし、これらのデータは不法行為防止目的のみに使用され、ソフトウェア内、不法行為ユーザーの確認および停止に限らず、 不法行為方式のコード分析やXIGNCODE3製品のセキュリティサービスを使用するソフトウェアサービス会社との関連資料の共有にも使用されることがあります。  お客様はソフトウェアの利用において、XIGNCODE3の本利用約款および個人情報政策に従わなければなりません。

XIGNCODE3の個人情報保護政策によるお客様の個人情報処理を拒否、または個人情報の除去および削除を要請する場合、 ソフトウェアサービス会社、XIGNCODE3、第三者はお客様のゲームに対するアクセスを遮断、またはゲームの利用を禁止することができます。

上段のテンプレートがゲーム側のEULAに含まれていない場合には、XIGNCODE3 EULAが本文書で提供されることを参考にしてください。

用語の定義

  • XIGNCODE3 : 利用者がシステムを利用してソフトウェアを使用する際、XIGNCODE3はソフトウェア内、 不法行為使用を監視、探知、防止する目的で、システムを監視します。
  • ソフトウェア開発会社 : ソフトウェアサービス会社にソフトウェアを供給する法人組織をいいます。
  • ソフトウェアサービス会社 : エンドユーザーとライセンス契約を締結した法人組織をいいます。
  • ソフトウェア : サービスを受ける全てのソフトウェア、関連するモバイルAppおよび関連するメディアをいいます。
  • システム : ソフトウェアの起動に使用されるPC、スマートデバイス、その他装置をいいます。

設置

ソフトウェアのセッションをはじめる時点で、ソフトウェアが最新バージョンと比較し、自動でダウンロードされます。 XIGNCODE3は初期のローディング時点で最新バージョンのモジュールをシステムにローディングさせ、ソフトウェアに対する不法行為を探知および防止します。ソフトウェアを削除した時、一般的にXIGNCODE3モジュールも同時に削除されます。別途の削除が必要な場合、 XIGNCODE3 Uninstallation KIT を提供します。

XIGNCODE3の機能 (システム監視)

お客様がソフトウェアを利用する際、XIGNCODE3はソフトウェア内、不法行為使用を探知および防止の目的で、 システムを監視します。ソフトウェアバイナリを分析し、システムメモリをスキャンします。 XIGNCODE3のデータベースに登録されているHack Program、またはCheat Programの動作有無を確認し、 疑わしい特定ファイルに対しては一部情報であるOne-Way Hashおよびファイル名(File Name)をログとして記録し、 必要な場合には転送されることがあります。

データ収集および分析

XIGNCODE3はソフトウェア内、不正行為防止の目的として悪用(Abusing)に関連する情報を保管します。 XIGNCODE3がソフトウェアで動作している時、システム内で発見されるHack Program、 またはCheat Programの使用有無に限り確認、または処理を行います。この場合を除いて、お客様の情報に対する処理または保管は行いません。 個人を特定するデータは一切含まず、特定情報の記録または処理については以下の基準に従います。

  1. 収集 : 情報がシステムへ転送され、XIGNCODE3のバックエンド(back-end)段階で、リアルタイムで収集されます。
  2. 自動分類 : 収集された情報は自動分類されます。不明なパターン、または疑わしいパターンが発見された場合には非自動分析のため、 該当情報を保管します。もし該当パターンがHack Program、またはCheat Programと関係のないものと判明した場合、 一般的に六カ月以内に破棄されます。不明なパターンが発見された場合には、当該情報は不正行為の証拠として無期限で保管されることがあります。

第三者へのデータ共有

収集されたデータは不法行為防止の目的として使用され、それ以外の目的としては使用されません。 ソフトウェア開発会社およびソフトウェアサービス会社との分析、または不法行為に関する資料共有にも使用されることがあります。 XIGNCODE3が第三者とデータを共有する場合は以下の通りです。

  1. ソフトウェア開発会社およびソフトウェアサービス会社が、XIGNCODE3のサービスを利用して不法行為ユーザーのアカウント制裁のために XIGNCODE3 Web Serverを通じ、GUID情報を確認することができます。 XIGNCODE3で不法行為が探知されたDATE, User Name, IP, Hack Tool Nameなどの情報を提供します。
  2. XIGNCODE3は、協力社など第三者を雇用することができます。すべての第三者はXIGNCODE3と同様に個人情報保護政策を従うことになり、 XIGNCODE3は個人情報や機密情報自体を保管していないため、このような情報を第三者に共有せず、共有することはできません。

情報収集および使用範囲

XIGNCODE3はソフトウェア開発会社およびソフトウェアサービス会社の被害を防止するためのセキュリティサービス製品であり、 不法行為防止を目的としています。XIGNCODE3はお客様のシステムに保管されているファイルのスキャン、 個人ID/PWなどを収集する行為は一切行いません。XIGNCODE3は個人情報を任意で共有、貸与、または販売する行為は一切行いません。 個人を特定する情報に関しては一切の収集を行いません。

著作権および使用範囲

XIGNCODE3の所有権および著作権は会社にあり、その他XIGNCODE3に関するすべての権利も会社にあります。

会社は必要な場合、利用者の便宜および製品品質向上のため、XIGNCODE3に対するアップグレード/アップデートを自動で提供することがあります。 本約款に同意する利用者は、アップグレード/アップデートプログラム設置にも同意するものとみなされます。

責任の制限

  1. XIGNCODE3は利用者に無償で提供されるもので、利用者は自身の判断でソフトウェア開発会社およびソフトウェアサービス会社が提供するサービスを利用したものとなるため、 会社は利用者のXIGNCODE3の設置および使用により発生するすべての結果、または損害に責任を負いません。
  2. 会社は利用者のシステム環境による諸般の問題、または会社の帰責事由のないネットワーク環境の影響の問題に対して責任を負いません。
  3. 会社は利用者の帰責事由によるXIGNCODE3およびXIGNCODE3を通じた各種サービスの利用上の障害、利用中止などに対して責任を負いません。

約款以外の準則

本約款に明示されていない事項が、利用者が加入している別途のソフトウェアサービス利用約款、関係法令に規定されている場合には、その規定に従います。